Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

災害予防にも役立つARお天気趣味レーターとは?

“スマホにお天気系のアプリを入れている人も多いでしょう。株式会社ウェザーニュースでは降水強度に合わせた雨や雪、浸水被害を疑似体験できる「ARお天気趣味レーターという無料アプリをAppStoreとGooglePlayで公開しています。ここでは雨や雪、浸水被害が疑似体験できる「ARお天気趣味レーター」についてまとめてみましょう。
【ARお天気趣味レーターとは?】
ARお天気趣味レーターは今ある場所で、雨や雪などの天気や浸水などの災害をスマホで疑似的に体験できるAR体験アプリです。拡張現実(AR)技術を活用して、目の前に雨や雪の降る様子や、目の前が浸水した様子を視覚的に分かりやすく表現してくれます。
スマホのカメラ機能を使用し、ユーザーの目の前の景色に、天気や災害発生時の状況を映し出します。例えば普段雪の降らない温暖な地域で目の前で雪が降る様子疑似体験できたり、100年に1度と言われる大雨をもたらすような雨の降り方、近くの河川が氾濫した場合の浸水状況などをリアルに疑似体験できたりするのです。
アプリで楽しみながら天気に関心を持ってもらうだけではなく、気象に関する知識、気象現象への理解を深めることもできるでしょう。このARお天気趣味レーターを活用することで、いざという時の主体的な判断・防災行動にも役立ちます。
【降水強度に合わせた雨や雪をシミュレーションできる】
雨・雪モードの「シミュレーション」では、降水強度に合わせた雨や雪の降り方を疑似体験できます。雨は0.5㎜/h~100㎜/hの強さを1㎜/h単位で表現し、雪は0.5㎝/h~10㎝/hの雪の強さを1㎝/h単位でスマホ画面に再現。非常に激しい雨(50㎜/h以上)や猛烈な雨(80㎜/h以上)が降る様子などもリアルに体感できます。また東京都市部などで大雪警報レベルとなる「12時間降雪の深さ10㎝」の雪の降り方もスマホカメラを通じて見ることができるのです。
【浸水リスクのシミュレーション】
浸水モードの「シミュレーション」では、任意の浸水深で目の前が浸水した様子を疑似体感できます。浸水の深さは画面上で、10㎝単位で設定可能。浸水が50㎝になった場合、1mになった場合に今見ている景色がどのように変わるのかを、スマホ画面を通して可視化できます。水流や水の色も指定可能なので、より浸水状況をリアルに体験できるでしょう。
また現在地の情報にすれば、ユーザーの位置情報から想定しうる最大規模の降雨で河川が氾濫した場合の浸水リスクを確認することもできます。ユーザーの位置情報と国土交通省が発表している降水浸水想定区域データを照らし合わせた上で、想定される浸水深を画面上に表示。場所を問わずにスマホで簡単に浸水リスクを把握できるので、いざという時の水害対策、防災意識向上に役立つでしょう。
【ゲリラ豪雨が体感できる「雷AR」もあり】
雷雨は停電、火災、交通機関のマヒ、家電機器の破損など様々な被害をもたらします。ゲリラ豪雨などの被害が頻発しているので、ARお天気趣味レーターでは雷ARも体感することが可能です。雷ARでは目の前に雷が落ちる様子をスマホのカメラ越しに再現。もしここで落雷があったらどうなるか?をARで疑似体験できるのです。
【虹・桜モードなどもあり】
ARお天気趣味レーターには、雨や雪などの気象現象だけではなく、虹や桜などのモードもあります。現実の風景に虹や桜をARで表示し、位置情報をもとにそのエリアに虹が出現する可能性や桜の開花予想などを教えてくれます。虹モードでは好きな場所に好きなサイズの虹を出現させることが可能。また桜モードでは、好きな開花度合いの桜を自由に見ることができます。”

スマホに慣れている人は取っているセキュリティ対策テクニック

“今では、世界的にもランサムウェアをはじめとしたパソコン、スマートフォンのセキュリティ対策が問われるようになってきました。
しかしライトユーザーにとっては専門用語が多いため、「何から手をつければよいのかわからない」状況かと存じます。なので今回は、そんなライトユーザーにとって効果的なセキュリティ対策テクニックをまとめてご紹介します。
まず、面倒くさいと感じても「OS、アプリは最新バージョンにする」ようにしましょう。そもそもOS、アプリが定期的に更新されているのは、古いバージョンに脆弱性があるからです。
もちろん、快適に使えるようにするためバージョンアップされるケースもあるのですが、ほとんどのケースでセキュリティ対策テクニックとして、バージョンアップが推奨されています。
Windowsを利用されている人であれば知っている方も多いのですが、パソコンのセキュリティ対策は「完璧ではない」状態で販売されています。日を追うごとに新しい脆弱性が見つかる、もしくは、新しい犯罪が生み出されることによって被害にあう・・・ことは少なくないのです。
つまり、パソコンとスマートフォンは常にセキュリティ対策を取らないと完璧に近づかない性質があるのです。
次に、「ファームウェアアップデートも忘れない」ようにしましょう。ファームウェアとは、周辺機器を動作させる際に必要なソフトウェアのことで、パソコンやスマートフォンのOSと同じで、「定期的に更新されている」のです。こちらについても脆弱性を改善するのが目的のため、ファームウェアアップデートも忘れないほうが無難です。
ファームウェアアップデートを補足させていただくと、主に「Wi-Fiルーター」のことを指していると思って問題ありません。今では、四六時中でインターネット接続をされているような時代のため、インターネット接続を介しての犯罪が多くなってきました。
そんなトラブルを減らしてくれるのがファームウェアアップデートです。また、Wi-Fiルーターのファームウェアアップデートはマニュアルに記載されているので、そちらを参考にしてください。
そして、「ブラウザも最新のものにバージョンアップする」ようにしましょう。ブラウザとはインターネットエクスプローラーであったり、GoogleChrome(グーグルクローム)などが該当します。
ただし、ブラウザのバージョンアップについては、ブラウザを起動したタイミングで発生するため、よほど長期間でブラウザを使用していない場合は安全な状態です。
また、ブラウザによって脆弱性が異なる難点があるので、ブラウザは「信頼できるもののみインストールする」ようにしてください。ブラウザの場合、いつに更新が入ったのかブラウザをダウンロードできるサイトに記載されています。
基本的に短期間で何度も更新されているので、1年に1度だけのようなあいまいなものではありません。こちらも理解したうえで、スマートフォンのセキュリティ対策テクニックをマスターするようにしてください。”

人の顔を動物に変えられる?!PowerDirectorの魅力あふれるエフェクトとは?

“アプリストアのエディターにもおすすめとして選ばれた動画編集アプリと言えば「PowerDirector」です。PowerDirectorは全ての機能が1つにまとまっていて使いやすさ抜群。動画編集で必要な機能が網羅的に搭載されているので、スマホやタブレットで本格的に動画編集したい!という方におすすめです。今回はPowerDirectorのエフェクトを適用した編集方法をまとめてみましょう。
【動画にエフェクトを適用して編集をしてみよう】
PowerDirectorではエフェクトを適用することで、よりかっこいい動画に仕上げることがきます。ビデオエフェクトには様々な種類があり、ワイプやフェードなどのトランジションを追加すれば、前のカットから次のカットへ変わるつなぎ目をスムーズに、さらに印象的に見せることができるでしょう。追加するビデオエフェクトはプロジェクトによって異なり、動画にあったエフェクトを使うことが重要です。
PowerDirectorには多数のビデオエフェクトが搭載されているので、動画に合わせて様々なエフェクトを追加してプロ顔負けの映像を作ることができます。ここではPowerDirectorでエフェクトを適用する方法をまとめてみましょう。
<動画の速度を調整するやり方>
1、PowerDirectorアプリを開く
2、動画を選択して[速度]をタップする
3、スライダーバーを上下に移動させて速度を調整する(20秒の動画を10秒に調整すれば2倍速となる)
<クロマキー合成(グリーンスクリーンエフェクト)を適用するやり方>
クロマキー合成を適用すると、動画の背景を消して別の背景と置き換えることができます。人物と背景の合成をしたい!という時に使用するエフェクトです。
1、PowerDirectorを開く
2、[オーバーレイ]アイコンを選択して[動画]オプションをタップする
3、カメラのアイコンを選択して[カメラ]をタップする
3、背景が【緑】の動画をタイムラインに追加する
4、クリップを調整してから[クロマキー]ツールを選択する
5、[カラーピッカー]を使用し、非表示にする色を選択する
6、背景が自動的に消去される
7、クリップを背景の上に配置する
<キーフレームを追加してオブジェクトに動きを付けるやり方>
キーフレームとは、アニメーションや動画の編集で使用されるマーキングポイントのこと。タイムライン上の1フレームのマーカーポイントとして機能し、特定の設定の値を含んでいます。キーフレームは、特定の設定の値が時間とともに変化する開始点または終了点として機能します。
キーフレームはテキストや画像、動画、エフェクト、オーディオクリップに設定することが可能で、不透明度、オブジェクトの位置、サイズ、回転などの設定値の変更もできます。やり方をご紹介しましょう。
1、PowerDirector (iOS または Android 版) を開く
2、編集するオブジェクトを背景の上に配置する、この時、[キーフレーム] を使って、クリップを動かす
3、[すべて削除] または [前のキーフレームをコピー] のオプションがあり [前のキーフレームをコピー] を選択する
4、クリップの先頭までスクロールする
5、オブジェクトの位置やサイズ、傾きを調整する
6、調整が完了したら、キーフレームを配置する
7、一番上のレイヤーを移動して、キーフレームを付ける(キーフレームの移動や削除はいつでも可能)
<特別な合成ができるブレンドエフェクトのやり方>
PowerDirectorでは[ブレンドエフェクト]を使うと、映像にブレンドエフェクトを合成することができます。レンズフレア、ライトスポット、ライトリークなどのエフェクトを合成して、違ったイメージの動画を作成できますよ。
1、PowerDirectorを起動させる
2、タイムラインに2つのビデオクリップを追加する
3、[ペンツール]をクリックし[ブレンド]を選択
4、上のクリップにエフェクトを適用する(オーバーレイ、スクリーンなど)
5、[輝度][コントラスト][彩度]を調整する
<マスクツールのやり方>
PowerDirectorでは人物の顔と動物を入れ替える「マスクツール」があります。このマスクツールを使うことで面白い動画を作成できるでしょう。やり方は以下の通りです。
1、PowerDirectorを開く
2、タイムラインに2つのビデオクリップを追加する
3、[マスク]を選択して「直線」「平行」「円形」「四角形」「反転」から選択する
4、レイヤーの際サイズを調整する”

インスタで最終ログイン時間が相手に表示されないようにする方法とは?

“インスタグラムでは「最終のログイン時間」が他のユーザーに公開されるように設定されています。しかしユーザーによっては、他の人に最終ログイン時間を知られたくない!と思っている人もいるでしょう。今回はインスタで最終ログイン時間を非表示にする方法をまとめてみましょう。
【相手の最終ログイン時間はどこで確認できるの?】
自分のログイン状況がバレてしまう画面は「ダイレクトメッセージ」の画面です。普段他のユーザーとやりとりをしているダイレクトメッセージの画面を見ると、今までダイレクトメッセージのやりとりをしたことがある相手の最終ログイン時間が見えるようになっています。
この機能は「アクティビティステータス」というもので、自分以外の他のユーザーがインスタアプリにログインした日時が分かる機能です。ダイレクトメッセージ画面を見れば「オンライン中」や「20分前にオンライン」などと詳細に表示されます。またオンライン中のユーザーにはプロフィールアイコンに緑色の丸いマークがつくようになっています。
【ログイン時間を非公開にする設定方法とは?】
最終ログイン時間を相手に知られたくない!という場合には、ログイン状況を非公開に設定しましょう。
やり方は以下の通りです。
1、右下のアカウントアイコンをタップする
2、設定[歯車マーク]をタップしてオプションを開く
2、設定画面を開いたら、下方向にスクロールして「アクティビティのステータスを表示」の項目を「オフ」にする
設定はたったのこれだけでOKです。ログイン状況が知られて嫌だという方はすぐに設定を非公開に変えておきましょう。
この設定にすると自分の最終ログイン時間が見られなくなるだけではなく、相手のログイン時間も見ることができなくなりますので、その点は覚えておきましょう。
【最終ログイン時間が表示しない原因はなに?】
相手がいつ最終ログインしたのかが分かるアクティビティステータスが表示しないユーザーがいるのはどうしてなのでしょうか?
その理由をまとめてみましょう。
<アクティビティステータスが非表示設定となっている>
先ほどお話した通り、アクティビティステータスの表示設定をオフにしている場合には、相手の最終ログイン時間を閲覧することはできません。また自分もオフ設定になっていると、相手のログイン時間も見ることができません。
<条件を満たしていない>
最終ログイン時間を見ることができるのは
・以前にメッセージを受け取った(送られてきた)ことがある
・フォローされている
が条件となります。
これ以外の人に対しては、ログイン時間を見ることはできません。
<長期間ログインしていない>
アクティビティステータス機能が追加されてからインスタグラムにログインしていないユーザーは、アップデートされていないためオンライン状況が表示されません。”

世界最高のリフレッシュレートを誇るゲーミングスマホ「Nubia Technology RedMagic 6 Pro」

“近年のゲームアプリは「高リフレッシュレートが問われる」ようになってきました。高品質なゲーミングスマホの場合、144Hz以上のリフレッシュレートを誇るのですが、もっと上はないの・・・と思っている人には、「Nubia Technology RedMagic 6 Pro」がオススメです。
Nubia Technology RedMagic 6 Proは、「165Hz」という世界トップレベルのリフレッシュレートを誇るゲーミングスマホのため、リフレッシュレートには妥協したくない人にオススメのゲーミングスマホです。
しかもNubia Technology RedMagic 6 Proは、「最大500Hzのタッチレスポンス」も兼ね備えているので、ゲームを快適にプレイしたい人の場合、中々Nubia Technology RedMagic 6 Pro以上のモデルは見つからない可能性があります。
このようにゲーミングスマホとして特化されているNubia Technology RedMagic 6 Proですが、以下のとおりでスペックについても全体的にハイスペックです。
Nubia Technology RedMagic 6 Proの詳細スペックですが、「CPUがSnapdragon 888 5G、動作周波数は2.84GHz、RAMは16GB、リフレッシュレートは165Hz」となりますので、CPUもハイスペック、RAMについても最高の数値をマークしているので、ゲーミングスマホとして妥協している要素がまったく見当たりません。
Nubia Technology RedMagic 6 Proのそのほかのスペックについては、「解像度が2,400×1,080、サウンド性能はDTS Ultra Xサラウンドサウンド、バッテリー容量は5,050mAh、本体サイズは169.86×77.19×9.7mm」となりますので、そのほかのスペックもほかのスマートフォンより劣っているわけではありません。
ただしバッテリー容量については、現存する大容量バッテリー搭載モデルよりも1,000mAhほど低いので、こちらについても納得したうえで、Nubia Technology RedMagic 6 Proを購入するか検討されたほうがよいでしょう。
このようにあらゆる面で満足できるスペックのNubia Technology RedMagic 6 Proですが、もう1つすぐれているところがあります。
それは、Nubia Technology RedMagic 6 Proには、「新冷却システムとして7つの異なる熱伝導、冷却方法が採用されている」ところです。最近になって注目を集めるようになった5G対応についても、Nubia Technology RedMagic 6 Proは対応モデルとなっておりますので、最新のトレンドもがっちりとおさえているモデルとなっています。
そのためNubia Technology RedMagic 6 Proは、5Gとの組み合わせによって「超高画質のオンラインゲームもサクサク楽しめる」強みがあるのです。”

最初は性能を不安視する人が多かったスマホ「Sony Xperia 10 Ⅲ」

“5G対応モデルとして鳴り物入りで登場したのが「Sony Xperia 10 Ⅲ」です。ですが、同じ5G対応モデルの多くはコストパフォーマンスや、ハイスペックを売りにしていたため、Xperiaシリーズとしては珍しく・・・それほど注目されなかった過去があります。
ですが今では、Xperiaシリーズの中でも安定した人気を得ているのがSony Xperia 10 Ⅲです。今回はそんなSony Xperia 10 Ⅲが、どうして今のような人気を得ているのか案内していきます。
そもそもSony Xperia 10 Ⅲなど2020年4月以降に発売されたモデルの多くは、「5G対応モデルの看板を引っさげて登場した」背景があります。つまり、Xperiaシリーズの中でも特徴的なスマートフォンなのですが、最初のころは5G対応モデル・・・というより、コストパフォーマンス重視でスマートフォンを選ぶ人が多かったため、5G対応モデルの売れ行きが芳しくなかったのです。
しかし今では、具体的な5G対応エリアの拡大スケジュールが発表されているため、5G対応モデルを意識する人が増えました。また、国産スマホは高いというイメージがあったのですが、SHARPのAQUOSシリーズなど海外のスマートフォンと価格競争できるモデルが増えてきたため、国産スマホの価値が見直されるようにもなってきたのです。
さらに、今では「半導体不足が深刻化している」ため、少し古いスマートフォンでも性能がよいものは驚くほど売れている状況となっています。このような背景があるため、5万円を切る価格で購入できるSony Xperia 10 Ⅲの人気が高まってきました。
しかもSony Xperia 10 Ⅲはスペックも悪くありません。
Sony Xperia 10 Ⅲの詳細スペックですが、「内蔵メモリがRAM6GB、ROM128GB、本体サイズは154×68×8.3mm、ディスプレイサイズは6.0インチで2,400×1,080
有機EL トリルミナス®ディスプレイfor mobile(HD対応)/FHD+」となっています。今では、同価格帯のスマートフォンで似たようなモデルも増えてきましたが、Sony Xperia 10 Ⅲはそれに先駆けて販売されていたデラックス版なのです。
Sony Xperia 10 Ⅲのそのほかのスペックですが、「カメラ性能がメインカメラ:1,200万画素、インカメラ:800万画素、5G対応モデル、防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、FMラジオやハイレゾ音源対応、バッテリー容量は4,500mAh」となります。”

5G対応スマホの「TECNO POVA 5G」とは?

“5Gが普及してきたことによって、日常生活を変化させるサービスなどが増えていますし、すでにビジネスシーンで取り入れて5Gの良さを生かしている人もいます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「TECNO POVA 5G」という5Gスマホがあり、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや充電切れの心配なしで朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリー、色鮮やかで発色が良くてバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイや誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約172ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約198gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブラックが用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.9インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 900 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、ハイブリッド光学ズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(HiOS 8.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

ドコモで5G対応機種を買ったら5Gプランに加入しなければならない!

“5Gに対応した機種が続々と発売されていますが、ドコモではどのような5G対応のプランがあるのでしょうか?ここではドコモの5Gプランについてまとめてみましょう。
【4Gと5Gではプランが違う!】
ドコモではソフトバンクやauとは違い、4Gと5Gでは料金プランが異なります。5G向けの料金プランについては、5G機種の利用が必須となります。5G向けの料金プランの申込み時に、5G機種の購入を伴わない場合には、5G機種を利用中であることをドコモが確認できた場合に限って、5G料金プランの申込みができます。
【ドコモの5Gタイププランについて】
ドコモの5G対応の料金プランについてまとめてみましょう。
<5Gギガホプレミアム>
5Gギガホプレミアムは国内でのデータ量無制限の料金プランになります。またドコモはauやソフトバンクとは違い、テザリングに関しても制限はなく使い放題となっているのが特徴です。
月額料金は無制限の場合は7,315円、~3GBまでは5,665円となっています。国内通話料は家族間であれば通話料は無料で、家族以外への通話は30秒あたり22円となっています。
オプションとしては
・かけ放題オプション:1,870円
・5分通話無料オプション:770円
です。
割引・特典サービスは
・みんなドコモ割(3回線以上の契約)-1,100円
・ドコモ光セット割 -1,100円
・dカードお支払割 -187円
があり、全ての割引を適用すると、1ヶ月の使用料は4,928円となるのでかなりお安くなります。
<5Gギガライト>
5Gギガライトプランは、データ通信料も月額料金に含まれている5G専用の料金プランになっています。毎月1GB~7GBまでデータ量を使った分に応じて支払えるため、無駄なくデータを使うことができるでしょう。その月に7GB以上のデータ通信量を超過した場合には、通信速度は送受信最大128kpsとなります。
月額料金は以下の通りです。
・ステップ1~1GB 3,445円
・ステップ2~3GB 4,565円
・ステップ3~5GB 5,665円
・ステップ4~7GB 6,765円
国内通話料は、家族間での通話は無料であり、家族以外への通話は30秒あたり22円です。
音声オプションは以下の通りです
・かけ放題オプション 1,870円
・5分通話無料オプション 770円
また5Gギガライトプランでは、好きなステップで通常速度での利用可能データ量の上限を設定できる「ギガプラン上限設定オプション」があります。毎月の使用料を節約したい人、お子さんのスマホの使い過ぎを防止したい人におすすめです。
割引・特典サービスは
・みんなドコモ割(3回線以上の契約)-1,100円
・ドコモ光セット割 -1,100円
・dカードお支払割 -187円
があり、全ての割引を適用すると、1ヶ月の使用料は2,178円(~1GB)~4,378円(~7GB)となるのでかなりお安くなります。
【ドコモで販売している5G対応のスマホとは?】
現在ドコモで販売している5G対応のスマホ機種は
・iPhone 8種類
・Android 22種類
となっています。
ハイスペックなモデルだけではなく、快適に使用できるスタンダードモデルの取り扱いも豊富なので、リーズナブルな価格での購入もしやすいでしょう。またドコモでは5Gタイプのホームルーターや5G対応のパソコンなども取り扱っています。
【5G契約における注意点とは?】
ドコモで5Gプランを契約するには、5G機種が必要であり、5Gの契約で5G機種を利用した場合、3G通信は利用することができません。また現在4Gプランを契約したまま、5Gの機種を購入できないので、5G機種を購入する場合には料金プランも5G対応のプランに変更しましょう。
また5Gの通信エリアはいまだに限定されて現状です。そのため5G通信ができない場合は、4G通信となります。5G通信の可能性のあるエリア内で、待ち受け時のRAT表示は「5G」となりますが、通信時は4GやLTEになる可能性もあります。”auスマホ一覧

SIMカードが認識できない‼対処法を徹底解説

“スマホを使っていて「SIMカードが認識されません」と表示がでたり、急にアンテナマークが「×」になって通信できなくなったりした経験はありませんか?これはスマホにSIMカードを入れているのにも関わらず、読み込まなくなっている状態です。SIMカードが読み込まなくなった時にはどうすればよいのでしょうか?ここでは対処法をまとめてみましょう。
【SIMカードを認識しない原因とは?】
急にSIMカードが認識できなくなって通信不可の状況になると「スマホが故障してしまったのかも…」と焦ってしまいますよね。SIMを認識できない原因は以下のようにいくつか考えられます。
・物理的接触の問題
・SIMカードの問題
・スマホ端末の問題
この中でも特に多いのは「物理的接触の問題」です。またどこも悪くないのに、原因不明でSIMカードを認識できないこともあります。
【SIMカードが認識しない場合の対処法をレクチャー】
ではSIMカードが認識されない場合にはどうしたらよいでしょうか?ここでは対処法をいくつかまとめてみましょう。
<スマホを再起動させる>
先ほどお話した通り、SIMカードを急に認識しなくなる理由として「原因不明」の場合もあります。その場合には端末を再起動させることで解決するケースが多いです。スマホを一度再起動させることで、SIMカードをきちんと読み込めるようになるかもしれません。まずは試してみましょう。
再起動でなおっても、すぐにまたSIMカードを読み込まなくなった場合には他の可能性が考えられます。
<SIMカードを再挿入してみる>
物理的接触の問題でSIMカードを認識できないという場合には、SIMカードを再挿入してみましょう。物理的接触が原因となっている場合、SIMと端末側のSIMスロットの接触に不具合が生じている可能性があります。スマホの端末によってはSIMカードがズレやすい機種もあり、SIMカードがうまく挿入できていないと読み込みができなくなります。
まずはSIMカードを取り出して、再度SIMスロットへの挿入をやり直してみましょう。この時丁寧に扱わなければ、SIMカードが壊れてしまいますので注意が必要です。
<接触部分の汚れを確認する>
SIMカードとスマホ端末のSIMスロットの接触部分に汚れなど妨害物があるとうまくSIMカードが読み込めません。汚れるということは基本的には少ないですが、1度SIMカードを取り出して柔らかい布などで拭いて汚れをふき取りましょう。
端末側のSIMスロット部分はホコリなどの汚れが溜まる可能性もあります。エアダスターなどを使ってホコリなどの汚れがあれば除去しましょう。
<SIMカードに原因がないか確認する>
挿入し直して、汚れを綺麗にしてもSIMカードがうまく読み込みできない…という場合には、SIMカード自体に問題があるかもしれません。別のSIMカードを持っているのであれば、他のSIMカードを端末に入れて認識できるか試してみましょう。それで認識できた場合、SIMカード自体に問題があることになります。
SIMカードが利用するスマホ端末に対応していないサイズだった、通信方式が対応していなかった…という場合には、SIMカードを契約したキャリアやMVNOに連絡しましょう。手数料(約3,000円程度)を支払えば、SIMカードのサイズ変更やタイプ変更に応じてくれますよ。
<利用端末側に原因がないかチェックする>
SIMカード自体に問題がないのに認識できない…という場合には、利用端末が壊れている可能性があります。端末を購入した販売店やメーカーに直接問い合わせしてみましょう。”

SA方式はNSA方式に比べて速度が劣化するって本当?

“NTTドコモでは2021年12月13日から法人顧客を対象としたSA方式の商用サービスを開始しました。ここでは真の5Gと言われるSA方式についてまとめてみましょう。
【SA方式とは?】
SA方式とは「Stand Alone」方式のことで、コア設備を4G設備で流用していたこれまでのNSA方式とは異なり、すべて5G専用の設備を使用します。従来の超高速・大容量だけではなく、超低遅延、多数同時接続と言った機能も実現できるようになります。1つのネットワークを用途に応じて仮想的に分割するネットワークスライシングなどもSA方式を導入することで可能となるのです。つまりSA方式は、社会インフラとして5Gを活用していくためには欠かせないステップと言えます。
SA方式のシステム構成では、コアネットワークを含めて5Gの新しい技術に基づいたものです。SA方式の5Gは4GLTEのコアネットワークに頼らずに、コントロールプレーンとユーザープレーンの両方に5Gを利用します。
【NSA方式とは?】
NSA方式とは非スタンドアローン型のことであり、4GLTEのコアネットワークと5Gの基地局とを組み合わせた構成です。この構成やネットワーク内のインターフェースが4GLTEで使用されているものをそのまま流用できるので、通信事業者や通信機器ベンダーにとって導入障壁が低いというのが特徴です。つまりNSA方式はそれだけ早く5Gサービスを導入・展開できるということになります。NSA方式では端末と基地局が通信する際にはコントロールプレーンに関してはLTE側の制御機能に依存。5G側はデータ信号のみの搬送を行っています。
【SA方式は速度が劣化するって本当?】
進化した5GであるSA方式には不都合な真実があります。それが「通信速度が劣化してしまう」ことです。SA方式では当初、現行のNSA方式と比べて通信速度が劣化してしまうのです。SA方式のフレキシブルな機能のカスタマイズに魅力を感じる法人顧客であれば、当初通信速度が劣化してしまうことはそれほどデメリットには感じられないかもしれませんが、一般顧客にとっては通信速度が非常に重要です。そのためSA方式を導入することがデメリットと感じてしまう可能性もあるのです。そのため通信事業者間では、SA方式の導入に伴うリスクが取り沙汰されています。
実際NTTドコモは法人顧客向けに5GSA方式の商用サービスを開始しましたが、下りの最大速度は1.7Gビット/秒となっています。これはNSA方式の下り最大速度4.2GB/秒と、比べても速度が劣化しています。この値からも速度が半減以下となっていることが分かりますね。
またSA方式の5Gサービスを利用するにはSA方式対応の端末が必要です。現状では国内で発売されている5G端末は大半がNSA方式対応となっています。そこでNTTドコモではSA方式の商用サービスを開始するにあたって、新たなSA方式対応の5G端末を用意しています。