Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

格安データSIMは2台目やタブレットにぴったり!

“格安SIMには、音声通話機能のないデータ通信専用のSIMというものがあります。今回は、このデータ通信専用の格安SIMの活用方法や、おすすめの格安データSIMについてまとめてみましょう。
【データSIMとは?】
データSIMとはデータ通信だけに利用することができるSIMカードのことです。スマホの機能を利用するためにはスマホと外部を通信でつなげる仕組みが必要となります。SIMカードは、契約者を識別する書き込みがされていて、このSIMカードをスマホにセットすると、特定の契約者が通信サービスを利用できるようになるのです。
データ通信専用のSIMには、SMS機能を持つものと、SMS機能を持たないものの2種類があります。SMSとは電子メールではなく、送信先の電話番号宛てに短いメッセージを送信できるサービスのこと。メールアドレスを知らなくても、電話番号さえ知っておけばメッセージを送ることができます。音声通話機能付きのSIMでは、SMS機能が付帯していますが、データSIMの場合にはキャリアや状況によって、ついていないものとついているものがあります。それぞれのキャリアについてまとめてみましょう。
・ドコモ
ドコモ回線ではデータSIMのSMS機能回線はあります。有料で選択することが可能です。
・au
auではすべてのSIMカードにSMS機能が搭載されているので、データSIMでもSMS機能がついています。
・ソフトバンク
ソフトバンクでは音声通話SIMにのみSMS機能が付帯しているため、データSIMではSMSは使えません。
【データSIMがおすすめの人とは?】
データSIMはどのような人におすすめの格安SIMカードなのでしょうか?まとめてみましょう。
・サブ回線として通信容量を増やしたい人
電話番号付きを別途契約していて、サブ回線としてギガ容量を増やしたいという人がデータSIMを契約するケースが多いです。データSIMを購入すれば、スマホ端末を増やさなくてもデュアルSIM仕様のスマホを利用している場合は、主回線に音声通話SIMを設定して、サブ回線にデータ専用SIMを設定することができます。そうすれば月間データ容量を安く増やすことができますよ。
・2台目の利用で、データ通信機能のみ必要な人
電話番号付きの音声通話SIMを別途契約していて、web閲覧用としてデータSIMを契約する人もいます。2回線目はスマホやタブレットでデータ通信のみに利用するという場合は、音声通話は必要ないのでデータSIMがぴったりでしょう。
・電話をかけない人
滅多に電話機能を利用しない、使わないという人は、音声通話のSIMカードにする必要はありません。日頃から電話をかけない、メールで十分という人であればデータSIMを選択しましょう。
【データSIMカードはアイパッドなどのタブレットにおすすめ】
データSIMでは音声通話ができないので、音声会話の機会がないiPadなどのタブレット端末での使用がおすすめです。格安データSIMを使うことでタブレット端末の通信料金を抑えることができるでしょう。データ通信可能なタブレットが1台あれば、タブレットを操作しながらメインのスマホで通話をすることもできます。またZOOMなどを使用すればビデオ通話やビデオチャットも可能です。”

最新のクアッドカメラ搭載モデル「HUAWEI P40 Pro」

“スペック、カメラ性能ともに飛び抜けた性能のものを探している場合、「HUAWEI P40 Pro」の購入を検討されるとよいでしょう。
HUAWEI P40 Proには最新のクアッドカメラが搭載されているので、被写体との距離や光量を問わずで撮影をすることが可能です。HUAWEI P40 Proに搭載されているものは、「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」というのですが、実際に目で見たものと同じクオリティーで写真を残すことができるため、カメラ性能ではHUAWEI以上のスマートフォンがほとんど存在しません。
しかもHUAWEI P40 Proは、「HUAWEI Golden Snap」も搭載されているため、撮影のみ優秀なだけではなく、お手軽な編集にも対応しているハイエンドモデルなのです。このように、HUAWEI P40 Proはカメラ性能、スペックともに高性能なのですが、他にも、SIMカードでは「デュアルSIM、eSIM対応モデル」となっています。
HUAWEI P40 Proの仕様ですが、「メーカー希望小売価格がオープン価格」となっておりますが、実際は100,000~109,780円で販売されているモデルなので、他のハイエンドモデルに比べてちょっとだけ安いという感じです。しかしHUAWEI P40 Proは、メーカー発売日が2020年06月12日でメーカー保証年数は1年となっておりますので、最新のハイエンドモデルでカメラ性能がよいものとなると、中々HUAWEI P40 Pro以上は見つからないわけです。
HUAWEI P40 Proのスペックですが、「本体サイズが約158.2mmx約72.6mmx約8.95mm、
キャリアはSIMフリー、メモリは8GB、シリーズ名はP40 Pro、付属品はUSB-Cハイレゾイヤフォン、クリアケース、ACアダプタ、40W HUAWEI SuperCharger、USBケーブル(A to C)、クイックスタートガイド、SIMピン」となります。
HUAWEI P40 Proは処理性能なども素晴らしく、「CPUがHUAWEI Kirin990 5G SoC、ディスプレイはクアッドカーブディスプレイの約6.85インチ OLED、リフレッシュレートは最大で90Hzの2640 x 1200ピクセル」です。つまりHUAWEI P40 Proは、カメラ性能だけでなくCPU、ディスプレイともに優秀なので、ゲーミングスマホとしても使えるようになっているのです。
その他の特徴ですが、HUAWEI P40 Proは「バッテリー容量は約4,200mAh、超急速充電対応で最大40W、ワイヤレス充電対応では最大27W、ワイヤレス給電」といった機能もあるため、バッテリー容量については5,000mAh以上ではありませんが、それでも他のハイエンドモデルより充電にかかる時間が短いモデルとなります。
その他の情報としては、「ストレージ容量は256GB、デュアルSIMに対応、生体認証機能は指紋認証と顔認証に対応、重量は約209g、おサイフケータイに対応していない、防水防塵機能あり(IPX8 / IP6X)」です。”

インスタのリール動画はどうやって作るの?作成・投稿方法をレクチャー

“15秒から最大30秒のショートムービーが作成できるリール動画は、インスタグラムの機能の中でも人気が高いです。ここでは人気のリール動画の作成方法、投稿方法についてまとめてみましょう。
【リール動画の仕組み】
リール動画は15秒~30秒の短尺動画であり、いくつかの動画クリップを編集によりつなぎ合わせることで1つの動画を作っていく仕組みです。「ワンカット」で動画を撮影して作成したり、「複数カット」の撮影によって動画をまとめたりと様々な使い方ができるのが魅力。また、あらかじめスマホで撮影していた動画の取り込みもできるので、BGMやエフェクトを追加することで視聴や聴覚に訴える魅力的な動画コンテンツを作成できます。
【実際にリール動画を作って投稿してみよう】
リール動画はおしゃれな動画が多く、自分で手軽におしゃれな動画を作って投稿できるというのが魅力の1つです。ここでは実際にどうやってリール動画を作るのかその作り方をまとめてみましょう。
<1、リール作成画面を開く>
リール作成画面は「インスタストーリーから開く」方法と「プロフィール画面から開く」方法の2つがあります。
インスタストーリーから開く場合は、インスタアプリを開き左上のストーリーボタンをタップします。インスタストーリー作成画面で「リール」に切り替えればOKです。
プロフィール画面から開く場合は、プロフィール画面右上の「+」ボタンをタップし、「リール」を選択します。
<2、BGM・倍速・エフェクトを設定する>
動画を撮影する前に、まずは設定を行いましょう。最初にしっかりと設定しておくことでおしゃれなリール動画を撮影できますよ。それぞれの設定方法をまとめてみます。
・BGMの設定
1、一番上の「音源ボタン(音符マークボタン)」をタップ
2、使用したいBGMを選択
3、使用したい箇所(15~30秒)をスライドで調整
4、設定が終わるとカバー画像に変わる
・倍速設定
1、上から2つ目の「数字ボタン」をタップ
2、倍速を選択する
倍速に関しては「1×」が普通で、それより低いとスローモーション動画、高いと早送りしたような動画を作成できます。
・エフェクト設定
1、上から3つ目の「顔ボタン」をタップ
2、好きなエフェクトを選択する
ちなみにBGMや倍速、エフェクトに関してはなしでも撮影できます。ただ雰囲気を出したい場合や、おしゃれなリール動画を作成したいという場合には、BGMや倍速、エフェクト設定はあった方がよいでしょう。動画の完成イメージに合わせてしっかりと設定しておくと最後の仕上がりがよくなりますよ。
<3、タイマーを設定して撮影スタート>
ここまで準備ができたらいよいよ撮影に入っていきます。撮影をする時にはタイマー機能を使うのがおすすめ。音楽のはじめと終わりの秒数を設定して、カウントダウンすることでハンズフリーでの撮影ができます。やり方は以下の通りです。
1、一番下の「タイマーボタン」をタップ
2、撮影した秒数をスライドし、カウントダウンの秒数をボタンで設定し、「タイマーを設定する」をタップ
3、カメラを好きな位置に固定し、真ん中の撮影ボタンを押せば撮影がスタート
撮影に失敗しても前のカットからやり直すことができます。また最初からのやり直しもできますよ。
ちなみにリール動画には撮影した動画だけではなく、カメラロールにある動画も選択可能です。すでに動画がある場合には、カメラロールから選択して使用しましょう。カメラロールにある動画を選択する方法は以下の通りです。
1、左下のボタンをタップし、使いたい動画を選択
2、動画を再生しながら使用したい箇所をトリミングして、右下のチェックボタンで完了する
複数の動画を使う場合には、使いたい順番でこの手順を繰り返せばOKです。ただカメラロールにある写真は選ぶことはできません。動画しか選択できないので、写真を使いたい時には他のアプリでスライド動画などにしておく必要があります。
<4、キャプション・カバー写真を設定して投稿する>
動画が完成したら、キャプション(動画の説明、コメントなど)を書いて、カバー写真を設定して投稿します。やり方は以下の通りです。
1、撮影ボタンの横にある「>」マークをタップ
2、撮影した動画をチェックし、必要ならスタンプや文字を入れる
3、右下にある「シェア」をタップ
4、キャプションを掻き、動画の中のワンシーンからカバー写真を選択する
5、「シェア」ボタンをタップして投稿完了
公開アカウントであればリールはプロフィール内だけではなく、リールタブや発見タブにもランダムで表示されます。そのためフォロワー外にも広く拡散できますよ。”

お見知りおきください!

何気ない日常にご訪問いただき誠にありがとうございます。この記事では私がどんなやつなのかを知っていただくため、簡単な自己紹介をしようと思います。
知り合いから勧められたのを契機に、当ブログを始めようと考えました。
性格は、自分で言うのもなんですがかなり流行に敏感なほうだと思ってます。
アクセスしてくれる方々に楽しんでいただけるよう、こまめに更新していこうと考えています。もし、更新の頻度が落ちるようなら突っ込みのお声をよろしくお願いいたします!