Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

月額1,100円で利用できるトーンモバイルのデメリットとは?

“お子さんが持つスマホとして人気のあるトーンモバイルをご存知ですか?自治体からも推奨しているトーンモバイルですが、メリットがある反面デメリットもあります。契約する前にはデメリットを考慮した上で契約するのがよいでしょう。ここではトーンモバイルのデメリットについてまとめてみましょう。
【トーンモバイルのプランとは?】
トーンモバイルにはAndroid用とiPhone用の2種類のプランがあります。iPhoneはiOS11.3以上の機種が対象。Android用ではトーンモバイル専用の「TONE e21」を使用しています。価格はiPhone用で1,650円(税込)、Android用で1,100円(税込)です。
次にトーンモバイルの特徴をまとめてみましょう。
<月額1,100円という安さ>
動画以外のインターネットを使い放題で、必要な分だけチケット制で動画視聴できるトーンモバイルの月額使用料は1,100円となっています。時間制限、アプリ制限、居場所見守り、歩きスマホ防止、自画撮り被害防止など充実の見守り・制限機能を全て月額1,100円だけで使用できるのはお得でしょう。
<データが無制限であること>
トーンモバイルでは低速通信であればデータ通信が無制限で利用できます。ただ動画視聴など大容量での通信が必要となった場合には、データ通信の無制限使用はできません。動画を視聴する際には、動画チケットを購入しなければなりません。お子さんが動画を自由に閲覧できないという点は親にとっては安心です。ちなみに動画チケットは、Android用で1Gが330円(税込)、iPhone用で1Gが490円(税込)となっています。
<サポート体制の充実>
格安プランでありながら操作や設定などのサポートを無料で受けることができます。トーンモバイル専用のダイヤルに電話をすればオペレーターが遠隔操作でサポートしてくれるのでとっても安心。契約についても気軽に相談することができますよ。
【トーンモバイルのデメリットとは?】
トーンモバイルは格安プランで充実の見守り機能・制限機能が付いていることから人気を集めていますが、メリットだけではなくデメリットもあります。デメリットを考慮した上でトーンモバイルへの契約を検討するのがよいでしょう。ここではトーンモバイルのデメリットについてまとめてみましょう。
<通信速度が遅い>
データ通信が無制限のトーンモバイルですが、動画視聴をするには有料の動画チケットを購入するか、Wi-Fiを使用するかの選択となります。基本的にLINEやインターネットの閲覧時には速度の遅さは感じませんが、Wi-Fi環境下以外で動画を視聴する場合には通信速度の遅さを感じてしまうかもしれません。
<最低利用期間が24ヶ月となっている>
多くの格安SIMでは契約期間の定めはないものの、トーンモバイルでは24ヶ月の契約の縛りがあります。契約から24ヶ月以内に解約した場合には、違約金9,800円
を支払わなければなりません。長く契約する場合には問題ありませんが、短期間での契約には向いていないでしょう。
<対面販売は行っていない>
トーンモバイルでは現在対面販売は行っていません。web上での手続き、サポートに限られているので、店頭にいってサポートを受けたいという方には向いていないでしょう。
<端末は1種類>
iPhoneを利用する場合を除くと、トーンモバイル専売のAndroid端末を使用します。このAndroid端末は1種類のみで、自分で用意したAndroid端末を使用することはできません。機種にこだわりたい人には向いていませんが、iPhoneであればどの機種でも対応できます。

ビックカメラが提供するBIG SIMはスマホヘビーユーザーにおすすめ

“数あるSIM会社の中でも、都心エリアの通信速度が早く、音声通話なしのプランが安くてよい!と評判になっているのが「BIG SIM」です。ここではBIG SIMの魅力、他社との違いを分かりやすくまとめてみましょう。
【BIG SIMとは?】
BIG SIMは大手家電量販店であるビックカメラが提供している格安SIMサービスです。このBIG SIMは、同じく格安SIMを提供する老舗SIM会社である、IIJmioの通信サービスを利用したものとなっていて、基本的な料金体系はIIJmioとほぼ同じです。さらにBIG SIMでは、ビックカメラで使用できるビックポイントでの支払いなどができるため、ビックカメラユーザーから人気を集めています。
【BIG SIMとIIJmioの違いとは?】
BIG SIMとIIJmioは同じ通信サービスになっていますが、2つの大きな違いとしては、BIG SIMには限定特典のWi-Fi「ギガぞう」があることです。このギガぞうは、auとWi2のWi-Fiが無料で使い放題になっているというもの。公共交通機関、飲食店、商業施設など幅広いエリアでの高速通信が可能になっています。また2021年6月からはデータ量を細かく選べるプランも登場しているので、自分の使い方に合わせてプラン選びがしやすくなったと評判です。
【どんな人におすすめ?】
ではBIG SIMはどんな人におすすめでしょうか?まとめてみましょう。
・安定したネット通信を求めている人、快適さ重視の人
BIG SIMは通信速度が安定していてスピードも十分です。格安SIMの中には通信速度が遅いところもありますが、BIG SIMではその心配はありません。安定したネット通信を求めている人にぴったりです。
・20GB以上の大容量プランを安く利用したいスマホヘビーユーザー
BIG SIMは20GB以上の大容量プランの料金プランが格安なので、動画やゲームなどをよく利用するスマホヘビーユーザーに最適です。
・外出先でWi-Fiをかしこく使いたい人
全国10万か所のフリーWi-Fiスポットが利用できるので、通信料を少しでも安く抑えたい!という人にぴったりです。
【BIG SIMの20GBの大容量プランが魅力的】
BIG SIMにはいくつかの料金プランがありますが、その中でも特におすすめなのが大容量プランです。大容量プランで契約するほど1GBあたりの料金は安くなります。他社と比較してもても、月額2,068円の音声通話SIMプラン20GBは安いです。データSIMプランにおいては20GB1,958円と2,000円でおつりがくるリーズナブルな価格設定となっています。できるだけ月々の携帯使用料金を安くしたい方はぜひBIG SIMの大容量プランを検討してみましょう。
【BIG SIMはビックポイントでの支払いが可能】
BIG SIMは、ビックカメラで貯められるビックポイントを支払いに充てることができます。1ポイント=1円として利用でき、所有するポイントを家族間でシェアすることも可能です。ビックカメラで家電製品を頻繁に購入するユーザーであれば、ビックポイントは自然とたまっていきます。そのポイントを買い物で使わずに、BIG SIMの月々の支払いに使用すれば、スマホ代の節約につながるでしょう。”

iPhone、Androidの動画キャプチャのやり方を徹底解説

“スマホの動画キャプチャ機能は、ゲームの実況動画やスマホの操作説明などに活用できる便利な機能です。ここではスマホの動画キャプチャ機能のやり方を解説していきましょう。
【動画キャプチャのやり方~iPhoneの場合~】
iPhoneでの動画キャプチャのやり方を説明します。
まず、iPhoneでは動画キャプチャをする前に、画面録画できる環境に設定する必要があります。設定方法は以下の通りです。
<画面録画の設定>
1、[設定]から[コントロールセンター]をタップする
2、コントロールセンター内にある[コントロールをカスタマイズ]を選択
3、[画面収録]の項目横の+ボタンを押すと、コントロールセンター内に[画面収録ボタン]が表示される
これで、画面録画ができる設定になりました。
次に動画キャプチャのやり方です。
<動画キャプチャの方法>
1、録画したい画面操作を実行する前に、コントロールセンターを表示し、[録画ボタン]をタップする
2、録画ボタンを押すとカウントダウンが始まり、サウンドとともに録画が開始される
3、画面操作をスタートする
4、録画終了時は赤くなっているステータスバーをタップして[停止]を選択する、またはコントロールセンターを表示して[画面収録ボタン]をタップする。
ただこの手順では、動画内で再生された音声しか録音できないため、自分の声を入れることができません。ゲーム実況動画目的で動画キャプチャをするのであれば、声の録音は欠かせませんね。次に動画キャプチャで自分の声を録画する手順をまとめてみます。
<動画キャプチャで自分の声を録音する方法>
1、動画キャプチャ中、コントロールセンターを表示して[画面収録ボタン]を長押しする
2、マイク設定ができるようになるため、マイクのアイコンを[オン]にする
3、録音を終了する際には同様の手順でマイクのアイコンをタップし、マイクをオフにする
この手順で行えば自分の声を動画内に入れることができますよ。保存された動画キャプチャは写真アプリにおさめられるので確認しておきましょう。
【動画キャプチャのやり方~Androidの場合~】
Xperiaシリーズを除くAndroidでは、基本的に動画キャプチャをするためのアプリをインストールする必要があります。動画キャプチャが可能になるアプリは
・AZスクリーンレコーダー
・Google Playゲーム
の2種類です。好きな方をインストールしてみてください。
それぞれのアプリのやり方をまとめてみましょう。
<AZスクリーンレコーダーを使った動画キャプチャのやり方>
AZスクリーンレコーダーは初回起動の際には、オーバーレイ表示についての権限許可が求められるので、許可した上でアプリを再起動しましょう。
再起動したら早速動画キャプチャを行っていきます。
1、オーバーレイ表示されたコントローラーの中から、真ん中の[録画ボタン]をタップ
2、「コンテンツのキャプチャを開始します」という画面表示が出たら、右下の[今すぐ開始]をタップ
3、カウントダウン後に録画がスタートする
4、録画を終了する際には、ステータスバー画面から通知領域に入って、[停止ボタン]をタップする
AZスクリーンレコーダーはキャプチャを停止すると自動的に出力先フォルダにデータが保存されるようになっています。カスタマイズ性が高く、自由度が高い編集が魅力で、実況動画作成に適したアプリです。
<Google Playゲームを使った動画キャプチャのやり方>
Google Playゲームのアプリをインストールしたら、以下のやり方で動画キャプチャを行っていきます。
1、動画キャプチャしたいゲームを選び、右上のアイコン画像をタップする
2、「ゲームプレイの記録」という画面表示が出たら、右下の[次へ]をタップする
3、ゲーム起動後、インカメラの周りに各ボタンがオーバーレイ表示されるので[録画]をタップして動画キャプチャをスタートする
Google社が提供するGoogle Playゲームの動画キャプチャ機能はゲームアプリ専用ですが、一度起動させた後は、ゲーム以外の動画撮影も可能になります。”

スマホ画面をテレビで見る場合、有線接続と無線接続どっちがいいの?

“スマホ画面で動画を見ることはよくありますが、もっと大きな画面で見たい!と思うことも多いはず。ではスマホが画面をテレビの大画面で見るにはどうしたらよいのでしょうか?ここではスマホとテレビの接続の仕方を徹底解説していきます。
【スマホとテレビはどうやって接続する?】
スマホとテレビを接続する方法として、無線接続と有線接続があります。どちらの接続方法がよいかは決まっておらず、通信環境や接続した後でやりたいことなど目的に応じて選ぶのがよいでしょう。
また接続するテレビの機種、iPhone・Androidなどスマホの機種によっても、それぞれ適した接続方法が異なるので事前に確認しておく必要があります。
次に無線接続、有線接続のそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましょう。
<無線接続のメリット・デメリット>
・メリット
無線接続ではケーブルがないため、自由度が高いです。ワイヤレスであれば接続中にスマホを操作する場合、線がつながっていないので動き回ることができます。ただ電波の届く範囲に限定されます。線につながっていないので、部屋の好きな場所でスマホを操作できるのが魅力です。
さらに無線接続であれば、充電しながら接続できるという点もメリットになります。有線接続にしていると映像の接続端子からは充電ができないため、テレビで動画を見ることができません。充電がない時には有線接続よりも無線接続の方が便利でしょう。また最近では無線接続が主流となっているため、テレビもスマホも無線接続に対応しているものが多いです。
・デメリット
無線接続では通信が不安定になりやすいというデメリットがあります。通信速度が遅い場合には、通信が一時的に切れてしまう、映像が乱れてしまうなどの不具合も起こりやすいでしょう。
また、有線接続と比べると無線接続の方が、タイムラグが生じやすくなります。特にスマホゲームにおいてはタイミングを合わせて操作しなければならないので、無線接続にすると思うようにプレイできない場合もあるそうです。
<有線接続のメリット・デメリット>
・有線接続のメリット
有線接続であれば映像が安定しているので安心して大画面を楽しむことができるでしょう。画像の乱れ、音声のタイムラグなどはほとんどないため、ストレスなく視聴できます。また接続方法はシンプルなので機械音痴の人でも比較的簡単に接続できるのも魅力の1つです。
費用面においては、専用ケーブル自体は安価なので、無線接続に必要な機器を取り揃えるよりもリーズナブルです。費用をかけずにスマホ画面をテレビで見たい!という方におすすめです。
・有線接続のデメリット
有線接続では、スマホとテレビの両方が有線接続に対応していなければいけません。まずは手持ちのテレビやスマホが有線接続に対応しているかを確認する必要があるでしょう。
また有線接続のデメリットとしては使うたびに毎回ケーブルで接続しなければいけないことと、接続している間ケーブルが邪魔になることなどがあります。さらに接続中は充電できないという点もデメリットですので、事前にきちんと充電しておきましょう。
¥”

iPhone13シリーズのバッテリーの進化とカラーバリエーション

“iPhoneの最新シリーズiPhone13は、iPhone12シリーズに比べてバッテリーの駆動時間が伸びただけではなく、バッテリー容量自体もかなり大きくなっています。今回はiPhone13シリーズのバッテリーについて解説してみましょう。
【iPhone13シリーズはバッテリー持続時間が増加!】
iPhone13シリーズでは、前作のiPhone12シリーズと比べてバッテリー持続時間が伸びています。
・iPhone13 mini:1.5時間増加
・iPhone13:2.5時間増加
・iPhone13 Pro:1.5時間増加
・iPhone13 Pro Max:2.5時間増加
スタンダードなiPhone13で以前と比べて2.5時間もバッテリー持続時間が伸びているのはかなりの魅力です。バッテリーがすぐになくなって困っていた…、モバイルバッテリーがないと1日持たない…というヘビーユーザーにとっては、非常に嬉しいです。
【iPhone13シリーズのバッテリー容量】
iPhone12シリーズとiPhone13シリーズのバッテリー容量の比較は以下の通りです。
・iPhone 13 mini:(9.5Wh)、iPhone 12 mini(8.57Wh)→約11.6%増加
・iPhone 13:(12.41Wh)、iPhone 12 mini(10.78Wh)→約15%増加
・iPhone 13 Pro:(11.97Wh)、iPhone 12 mini(10.78Wh)→約11%増加
・iPhone 13 Pro Max:(16.75Wh)、iPhone 12 mini(14.13Wh)→約18%増加
ご覧いただくとお分かりのように、iPhone13シリーズのバッテリー容量は、iPhone12シリーズのバッテリー容量に比べて約11~18%増加しています。
これだけバッテリー容量自体が大きくなっているので、持続時間も伸びているのですね。
【バッテリー容量が大きくなったことで満充電までに時間がかかることも?!】
iPhone13シリーズでは、iPhone12シリーズよりもバッテリー容量が増えたことで、満充電までにかかる時間が長くなる可能性があります。iPhone13シリーズは、iPhone12シリーズと同様に20W以上のアダプタを使用した急速充電に対応しています。公式サイトによると、30分で最大50%充電と記載されているので、満充電までの時間はこれまでとそれほど変わることはなさそうです。
【バッテリー容量のアップによってiPhone自体の重量も増えた】
バッテリー容量が増えたということは、その分iPhoneの本体の重さも重くなっています。iPhone12シリーズでは162gの本体重量であったのが、iPhone13シリーズでは173gになっており、11gの重量アップです。バッテリー持続時間を取るか、軽量化を取るかで、それぞれニーズにあったiPhoneを選ぶとよいでしょう。
【バッテリー以外にも注目したいiPhone13シリーズのポイントとは?】
バッテリー容量がアップして、バッテリー持続時間が長くなったiPhone13シリーズですが、魅力はそれだけではありません。iPhone13シリーズでは、前回とは大きく異なるカラーバリエーション全9色で登場しています。おすすめは新色のピンクとシエラブルーです。かわいい系のカラーなので女性に人気が出そうです。
・iPhone13、iPhone13 miniのカラー
iPhone13、iPhone13 miniのカラーでは、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT) REDの5カラーです。
新色のピンクですが、ピンクと言ってもかなり淡いピンク色になるので、男女問わず持ちやすいという印象があります。またブルーにおいては、iPhone12シリーズと同様のヴィヴィッドなブルーになります。
ミッドナイトも新色カラーです。黒に限りなく近いものの、少し紺色のような色合いになります。真夜中を連想させるカラーになっているので、クールな印象で持てそうです。また、新色のスターライトはパールホワイトのような光沢感があるので、落ち着いた印象がありつつも高級感があるでしょう。
・iPhone13 Pro/iPhone Pro Maxのカラー
iPhone13 Pro/iPhone Pro Maxのカラーは、シエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの全4カラーになります。シエラブルーは今回の新色であり、淡い水色という印象です。くすみがかった水色ですが、iPhone13 Pro/iPhone Pro Maxシリーズ特有の光沢感があるので、上品でありながら高級感も楽しめます。
色々なカラーが登場したiPhone13シリーズですが、新色のピンクとシエラブルーは注目したいカラーです。また無難に決めたいのであれば、白や黒に近い色味を使えば、ケースなどのデザインも選びやすいでしょう。”

メリットばかりではない?!Simロック原則禁止においてのデメリットとは?

“2021年10月以降に販売される端末は、基本的にSimロックが解除された状態で販売されることになります。総務省はSimロックをなくすることで、大手キャリア3社のメインブランドの高額プランから、MVMOなどが提供する低価格の料金プランへと乗り換えるハードルが軽減され、通信料の低価格競争が一層促進されることを狙っています。しかしSimロックの原則禁止に関しては、メリットばかりではなくデメリットもあるのです。ここではSimロックの原則禁止において、ユーザーにおけるデメリットについてまとめてみましょう。
【Simロック原則禁止におけるデメリットとは?】
Simロックの原則禁止は、必ずしもすべての消費者のメリットになるとは限りません。ここではSimロックの原則禁止におけるデメリットについてまとめてみましょう。
<デメリット1.端末によって周波数帯が違うため、通信性能を発揮できなくなる可能性がある>
1つ目のデメリットは、スマホ端末によって対応する周波数帯(バンド)が違っているため、他社のSimに乗り換えることで、端末本来の通信性能を発揮できなくなる可能性があります。携帯4社に割り当てられている周波数帯は同じではなく、例えば同じプラチナバンドと呼ばれる帯域で比べても、NTTドコモの800MHz帯(バンド19)とKDDIの800MHz帯(バンド18)には違いがあります。またソフトバンクに割り当てられているのは900MHz帯(バンド8)であり、ドコモやKDDIとは別の帯域になります。
大手キャリアから販売されている端末は、iPhoneなど一部の端末を除くと、各キャリアが免許を持つバンドを使って快適に通信できるように設定されていることが多いです。そのため、他社の主要バンドをカバーしていないというケースが意外とあります。契約しているキャリアが使用しているバンドに、端末側のバンドが対応していないと、通信速度が遅くなる、特定の場所で通信ができなくなるなどの不具合が生じてしまうでしょう。つまり快適な通信ライフが送れなくなるということです。
携帯各社では、販売する端末の対応周波数帯をwebサイトに掲載するなどの対応をとっているものの、ユーザーがその知識を必ずしも持っているわけではありません。ユーザー側としては、Simロックがかかっていない端末で、今までとは異なるキャリアのSimを利用する際には、事前にそれらの情報を確認することが必要でしょう。
<デメリット2.Simロックを前提とした端末値引きそのものが規制されてしまい、スマホを安く購入できなくなる>
総務省がSimロックを原則禁止としたことで、Simロックを前提とした端末値引きそのものが規制されてしまいます。そのことで、これまでのようにスマホ端末を0円、1円など安く購入することができなくなるでしょう。Simロックがあっても、端末を安く買いたい!という人にとっては、このSimロックの原則禁止は、明らかに不利な市場環境となってしまうと言えます。
<デメリット3.スマホ端末の魅力低下につながる恐れがある>
また、Simロックを前提とした値引きが出来なくなったことで、キャリア各社が端末値引きで在庫を一掃するといった措置をとれなくなってしまいます。すると在庫リスクを恐れ、キャリアが調達する端末が売れ筋のものだけに偏ってしまったり、独自性のあるオリジナル端末のチャレンジが減少したりする可能性があります。スマホ端末の魅力低下につながる恐れがあるでしょう。

中古価格が激安の「HUAWEI nova 5T」

“「HUAWEI nova 5T」は、コストパフォーマンス抜群のハイスペックスマートフォンとして今でも人気です。
今では、中華スマホが世界的に売れているため、オンラインストア、ショップによってはHUAWEI nova 5Tの在庫切れが続いている・・・、そんな状況となっています。なぜ中華スマホでありHUAWEI製のスマートフォンは人気なのか・・・というと、「豊富なラインナップ、ハイスペック、低コスト」の3つの要望を兼ね備えているスマートフォンメーカーだからです。
例えば、HUAWEI nova 5Tはミドルレンジモデルの中でも最高の性能を誇るのですが、参考価格は「約48,500円」とされているため、実のところ高くはありません。ミドルレンジモデルの中でも最高の性能を持つスマートフォンの場合、安いものでも7万円を下回らなかった時代もありましたので、スマートフォン価格の高騰、下落についてはかなり安定化するようになってきました。
しかもHUAWEI nova 5Tは、オンラインストアのすべてで同様の価格設定となっている、中古市場についても格安という、非の打ち所がないハイスペックスマートフォンなのです。
実際に現在の中古市場を調べてみると、HUAWEI nova 5Tは3万円前後で売られているような状況のため、ハイエンドモデルにより近い性能を持つことを考えると、破格の価格設定と言えるでしょう。
HUAWEI nova 5Tの特徴ですが、グラデーションも含めて美しいカラーが特徴的です。カラーリングには、HUAWEI nova 5Tだけの高級感を感じるミッドサマーパープルがあり、こちらは男女を問わずで大人気となっています。
HUAWEI nova 5Tのスペックですが、「CPUがHUWEI Kirin980(HUAWEI製のCPU)、RAMは8GB、ROMは128GB」です。ミドルレンジモデルの場合、これを大きく下回る性能なのに、価格だけはHUAWEI nova 5Tより高いものも存在するため、HUAWEI nova 5Tは良心的なスペックであると評価できます。
しかもHUAWEI nova 5Tは、「画面サイズは6.26インチ、バッテリー容量は3,750mAh」のため、操作性、バッテリー性能、充電性能についても問題なく利用できるのです。”

iPhoneのウィジェット機能って何?

“皆さんはウィジェット機能をご存知ですか?今回はiPhoneのウィジェット機能の設定方法、注意点などをまとめて、ウィジェットがより活用できるようにアドバイスしていきます。
【ウィジェットとは?】
ウィジェットとはアプリを開くことなく、ホーム画面上に表示しておけるショートカット機能のことを言います。ウィジェットはアプリとは異なり、ワンタッチもしくは見るだけで分かるような表示形式になっています。
このウィジェットを活用することで、アプリを起動せずに利用できるので、とてもラクチンです。これまでiPhoneではiOS13まではホーム画面上でウィジェットをカスタマイズすることができませんでした。しかしiOS14以降は、ホーム画面配置が可能になり、より利便性が高まったのです。
【ウィジェット画面はロック時でも表示できる】
iPhoneでは、ウィジェットを配置できる画面は「ホーム画面」と「ウィジェット専用画面」の2種類となります。ホーム画面の1ページ目を右にスワイプすると、ウィジェット専用の画面が表示されるでしょう。(「今日」「Today」などと呼ばれています)
では、ホーム画面とウィジェット画面はいったい何が違うのでしょうか?その違いは「ロック時でも表示できるかどうか?」です。通常ホーム画面はロックを解除しなければ表示することはできません。しかしウィジェット専用の画面であれば、ロック時であっても右にスワイプすれば表示することができるのです。
現在、FaceID搭載iPhone場合、マスク生活のためわざわざマスクを外して顔認証しなければなりません。しかしウィジェット画面であれば、マスクを外さずにウィジェットを確認できるので、とても便利ですよ。ただ、ロック解除をしなくても情報が表示できるので、プライバシーに関わる情報については注意が必要です。例えば、金融系アプリやメッセージアプリなど個人情報が表示されるウィジェットを配置してしまうと危険ですので、注意しましょう。そこで天気、ニュース、乗り換え案内など個人情報が関与しないアプリをウィジェットに配置するのがおすすめです。
【ウィジェットの設定方法】
iPhoneでのウィジェットの設定方法をまとめてみましょう。
1、追加したいウィジェットを選択する
iPhoneのホーム画面で背景を長押しすると、左上部に「+」アイコンが表示されます。これをタップすると選択可能なウィジェットの一覧が表示されるので、追加したいウィジェットを選択します。
2、追加したいウィジェットのサイズを選択する
選択画面でウィジェットにしたいアプリを選択したら、ウィジェットのサイズを決定します。サイズは3種類あり、選んだサイズによって表示される内容も違ってきます。大きいサイズを選べば表示される情報も多くなりますよ。
【スマートスタックとは?】
iPhoneのウィジェットにおける新機能「スマートスタック」とは、複数のウィジェットをまとめた機能のことです。削除や追加も可能なので、その都度カスタマイズできるのが魅力。スマートスタックの設定方法をまとめてみましょう。
1、iPhoneのホーム画面で「背景」を長押しし、左上部に「+」アイコンを表示する
2、ウィジェットを選択した時と同じように、ウィジェット一覧から「スマートスタック」を選択する
3、3種類のサイズから1つを選ぶ
ちなみに、スマートスタックには、選択したウィジェットの中からユーザーに最適なウィジェットを全面に表示する「スマートローテーション」という設定もあります。”

オールディスプレイが魅力的な「Samsung Galaxy S20 5G」

“スマートフォンの中では、トップシェアを誇るSamsungですが、そんなSamsungのスマートフォンに「Samsung Galaxy S20 5G」と呼ばれる、オールディスプレイを採用しているスマートフォンがあります。
Samsung Galaxy S20 5Gは、価格が「約83,000円」のスマートフォンで、ハイエンドモデルと呼ばれる最上位のスマートフォンです。その下のランクにミドルレンジモデルがあるのですが、ハイエンドモデルは最新のパーツ、機能などが搭載されているため、「他のスマートフォンでは味わえないユニークな要素がある」ことで有名です。
Samsung Galaxy S20 5Gの価格の補足となりますが、Amazonでは約83,000円、楽天では約133,000円で販売されているため、利用するオンラインストアを誤ってしまうと、大損してしまう可能性があります。
Samsung Galaxy S20 5Gのオールディスプレイについてですが、「画面の端から端までをディスプレイとしている」特徴があり、オールディスプレイによって、今までのディスプレイでは難しかった、画面が大きく見やすい、デザインがスタイリッシュなスマートフォンになったのです。
しかもSamsung Galaxy S20 5Gは、フレームにメタルフレームを採用しているので、Samsung Galaxy S20 5Gを利用していると他のスマートフォンより目立つのは確かでしょう。とてもオシャレなスマートフォンとして人気のため、海外ユーザーの若者から高い支持を得ているスマートフォンの1つです。
Samsung Galaxy S20 5Gのスペックですが、「CPUがSnapdragon865、RAMは12GB、ROMは128GB、画面サイズは6.2インチ、バッテリー容量は4,000mAh」となります。ハイエンドモデルはすべてハイスペックなスマートフォン・・・と勘違いされている人もいますが、Samsung Galaxy S20 5Gは価格以上の性能を誇るスマートフォンで、特にRAMは他のスマートフォンより高いです。
一般的なスマートフォンでハイエンドモデルに相当するものでは、Samsung Galaxy S20 5Gよりも低いRAM8GBのものが多く見つかります。”

InstagramのIGTVにおける動画制作のポイントとは?

“IGTVはインスタグラムにある機能の1つですが、リールやストーリーズとの違いをよく分かっていない人も多いでしょう。またYouTubeに似た類似のアプリというイメージを抱かれている方もいるかもしれません。IGTVは広告収入が得られる60分までの長尺動画投稿・視聴機能で、インスタグラムのアカウントさえあれば誰でも気軽に投稿・視聴することができます。このコロナ禍で動画需要が伸びている現在、IGTVの注目はより高まっています。今回はIGTVの動画制作のポイントをまとめてみましょう。
<カバー画像(サムネイル画像)が大切!>
IGTVを作成するときに、最も気にしなければいけないポイントと言えば「カバー画像(サムネイル画像)」です。IGTVはフォロワー以外のユーザーにも届く動画になるので、フォロワーだけではなく初めて動画を見る人にも分かりやすいような、引きがある画像を最初にセットしておく必要があります。そのためカバー画像選びはとっても大切になるのです。人目を引くような、魅力的なカバー画像をチョイスしましょう。
<IGTVのシリーズ化がおすすめ>
IGTVの動画本数が増えてきた場合、どうしても見づらくなってしまいます。そこでユーザーの見やすさを考えて、IGTVのシリーズ化がおすすめです。その動画が、どんな動画なのか?おすすめはどれなのか?などの情報がまとまっていればユーザーとしてもIGTVを見やすくなりますし、動画のリピートにもつながり、広告収入が入るでしょう。
IGTVの「シリーズ」とは、動画をカテゴライズできる機能のこと。本でいうところの「目次」のような役割を果たしてくれるので、料理、旅行先、ハンドメイド、今日の〇〇など自分で好きなように付けることができます
<ビジネスパートナーはタグ付けしよう>
ビジネスパートナーは、タグ付けすることでそのパートナーもいいね!数やコメント数などのインサイトが確認できるようになります。IGTVでビジネスパートナータグ付けする場合、投稿時の画面に出てくる詳細設定から「ビジネスパートナーをタグ付け」をタップします。そうすれば、アカウント検索画面が出てくるので、ビジネスパートナーのIDを検索してタグ付けするようにしましょう。
<パソコンからIGTVを投稿・編集することもできる>
IGTVはスマホからの投稿・編集だけではなく、パソコンからの投稿・編集も可能です。パソコンから投稿する場合には、自身のプロフィール画面にあるIGTVマークからアップロードしていきましょう。やり方は簡単で、投稿したい動画を画面にドラッグ&ドロップしてアップロードするだけ。カバー画像に関してはJPGまたはPNGファイルのものを用意しておいて設定しましょう。またタイトルやキャプションのつけ方は、スマホからのアップロードと同じになります。
<動画は短めが基本>
IGTVは長時間の動画(60分)を投稿できるプラットフォームとして提供されているものの、現状では長時間の動画というのは、離脱率が高く最後まで視聴されることが少ないです。そこでIGTVを制作するにあたっては、基本は短い動画でサクサク視聴できる構成にするのがおすすめ。短い動画であれば編集もしやすいですし、視聴者側も気軽に見ることができるでしょう。
<動画の冒頭でインパクトを与える>
動画は最初の冒頭部分がとても重要です。最初に興味を持たれない動画は、すぐに離脱されてしまうので、動画の冒頭1~2秒の間には強烈なインパクトを与える必要があるでしょう。動的な演出、キャッチャーなテロップなどをうまく駆使して、視聴者の興味をひくようにしてみましょう。
<縦型動画を基本とする&スマホで視聴されることを意識しよう>
基本的に視聴するユーザーはスマホを縦向きのまま使うことがほとんどです。そのため動画を制作する際にも、縦型動画を基本として動画作成するのがおすすめです。IGTVではスマホの全画面表示動画によるインパクトと没入感が魅力のアプリなので、動画のサイズをスマホに最適化して、ユーザーが動画を快適に視聴できるようにしましょう。”